SIerの社長ブログ一覧へ

青インクで爽やかな気分に

 私は普段、万年筆を使っています。なんとなく気分が良いからというのもあるのですが、筆圧いらずでスルスル書けるので疲れないのです。お客様との打ち合わせ時に自分用のメモをとるときも、早書きしやすくて便利だったりします。

 この万年筆、これまでビジネス主体だからと、ずっと黒インクを使ってきたのですが、最近になって青インクに変えました。

 これは学生から教わったのですが、青インクだと記憶しやすいのだそうです。私はこの話を初めて聞いたのですが、これは常識なのだとか。

 最初は定番のブルーブラックを試しました。でも、ブルーブラックはその名の通り「黒よりの青」。これだと黒と大して変わらないので、明るめのインクを探しました。

 その後、いくつか試して最後に落ち着いたのは、ペリカンのロイヤルブルー。色彩が鮮やかで少し紫方向のきれいな青です。これを使っていると、少し爽やかな気分になれます。

royalblue.jpg

 このインク、万年筆が趣味の方のブログをたくさん拝見したところ、インクフローが良好なのだそうです。確かに気分だけではなく、書き味も良くなった気がします。

プロフィール

山口達雄
山口達雄

SIerの社長ブログへようこそ。コンサルティングや設計も参加する現役技術者です。

SIerとは:「エスアイヤー」と読みます。情報システム開発において、コンサルティングから設計・開発・保守まで一貫したサービスを個別企業のお客様に提供する会社のことです。


カテゴリ