コラム一覧へ

2014年4月アーカイブ

iBeaconとはアップル社がiOS7から標準搭載したBluetooth Low Energy(BLE)を使用した位置情報サービスに該当する新しいテクノロジーです。ビーコンと呼ばれる電波を発信し続けるBLEモジュールを店舗等に配置することで、BLEモジュールに近づいたスマホアプリがこれを検知することができます。

iBeacon

写真 左:  モジュールからビーコン(電波)を発信
写真中央: アプリが起動されていなくても、スマホがビーコンを検知
写真 右: アプリにメッセージを表示し、効果的に訴求

※このサンプルはデモ用に用意したもので実際に動作します。デモをご希望の方はお気軽にご連絡ください。


 類似する技術で特殊な音を鳴らしておいて、これをアプリで検知する方法がありますが、この方法ではアプリをユーザーが起動する必要があったのに対し、iBeaconを使う場合は、アプリが起動していなくても、iOSがビーコンを検知してアプリを起動することができるので、来店客にプッシュ通知を送ったり、アプリ上で特定のメッセージを表示したりすることができます。


【アプリで場所を検知する方法の比較】

140406_02.png

 iBeaconは複数個のビーコンを使い分けることもできます。店舗毎、フロア毎、エリア毎など個別の番号(メジャー番号、マイナー番号)を設定したビーコンを配置し、アプリからその番号を識別することができます。BLEモジュールは安価なので多数のビーコン配置も現実的です。いくつかのビーコン検知をアプリ内に記録し、特定の条件になったらメッセージを表示する等の応用も可能です。


【応用例】

 このiBeacon、アイディア次第でいろいろ応用できそうです。少し考えるだけでもいろいろなパターンがあることに気づかれるかと思います。

 ・入り口付近のクーポン配布

 飲食店で一定の空席があるときだけビーコンをOnにすれば、その時だけ近くを通る会員にクーポンを送ることができます。

 ・スタンプラリー

 自動的にスタンプが押される。スタンプの場所をシークレットにすることも・・・

 ・商品情報表示

 エリア毎の取扱商品に合わせた商品情報を表示できます。


« 2014年2月 | メインページ | 2014年12月 »

お問い合わせ

システムやアプリの開発のご相談、サービスに関するご質問など、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。